2010年04月01日

薬のネット販売禁止、無効請求を却下…東京地裁(読売新聞)

 一般用医薬品(市販薬)の一部を除きインターネットなどによる通信販売を禁止する厚生労働省の省令は、過大な規制で憲法に反するとして、健康食品・医薬品のネット通販大手「ケンコーコム」(東京)など2社が国を相手取り、省令の無効確認などを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。

 岩井伸晃裁判長は、「省令は訴訟の対象となる行政処分には当たらない」と述べ、訴えを却下した。省令については「医薬品の副作用被害の防止などを達成するための手段として合理性を認めることができる」と述べ、合憲判断を示した。

 昨年6月に施行された改正薬事法は、副作用が起こるリスクに応じ、市販薬を1〜3類に分類。これに伴って制定された省令は、リスクの高い1、2類について、電話やインターネットなどを使った通信販売を禁止した。

首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い−千葉(時事通信)
「進退考えていない」=鳩山首相(時事通信)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
posted by イマゼキ ヒデオ at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

<広島市>五輪予算が復活 臨時議会で全額削除案を否決(毎日新聞)

 広島市が2020年の招致を検討するヒロシマ五輪について、五輪招致関連を全額削除した10年度予算修正案を可決した同市議会に対し、秋葉忠利市長が地方自治法に基づいて再議権(拒否権)を行使したことに伴う臨時議会が、31日午後に開会した。約2600万円の予算を全額削除した修正案は、再可決に必要な出席議員の3分の2以上の賛成を得ることができず、否決された。一部会派は削減幅を部分的にとどめた再修正案を出す構えで、五輪招致関連予算が復活することになった。

 臨時議会では、まず全額削除した修正案を審議。26日の本会議では、議長と退席議員を除いた53議員のうち28人の賛成で可決したが、3分の2には及ばなかった。臨時議会でも賛成票の上積みはできず、否決された。次に約2600万円の招致関連予算を盛り込んだ市の原案を再度審議するが、議会側は再修正案を出せる。原案も再修正案も過半数の賛成があれば可決する。一部の会派は、部分的減額とする再修正案を提出する方針。

 ヒロシマ五輪を巡っては、保守系会派や公明党などが「市民の十分な理解がなく、財政面でも困難」という理由で原案に反対したが、秋葉市長は核兵器廃絶を訴える五輪の意義を強調して再議権を行使した。【矢追健介】

【関連ニュース】
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
20年夏季五輪:広島五輪招致予算削除 市長、再議権行使へ 31日に臨時議会招集
秋葉・広島市長:予算削除、議運委で「再議」の理由説明 /広島
広島市議会:閉会 市長「万策尽きるまで」 五輪予算、修正案再議へ /広島
20年夏季五輪:「国民は招致希望」 市民グループ、署名7485件提出 /広島

<国交省>男性職員を懲戒免職 共済組合の金を生活費に流用(毎日新聞)
山手線で架線トラブル=運転見合わせ−JR東(時事通信)
郵政改革法最終案、亀井氏「民業圧迫」に反論(読売新聞)
<知人男性刺殺>64歳被告に懲役13年 大阪地裁堺支部(毎日新聞)
<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
posted by イマゼキ ヒデオ at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

東九州道工事 橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)

 宮崎県日南市で建設中の東九州自動車道「広渡川2号橋」(仮称)で多数のひび割れが見つかり、国土交通省は、橋を取り壊して造り直す方針を決めた。工事は昨年4月以来、中断しており、工事を請け負う準大手ゼネコン「ハザマ」が自社負担で撤去・再構築を提案し、国交省は了承した。橋は主要部分を取り壊して工事をやり直す異例の事態となる。

 橋は国の直轄事業で、08年9月着工。全長265メートル。総工費10億円で工事進ちょく率は6割。広渡川にかかる橋はつながってはいない。今年2月に完成予定だったが、昨年4月、右岸側の橋げた部分(115メートル)に多数のひび割れが見つかった。完成まで橋を支える「仮支柱」に橋げたが約6センチ沈み込んでゆがみが発生したためとされ、ひびは目視できるだけで数十カ所に生じ、最大で長さ約10メートル。「ヘアークラック」と呼ばれる微細なひびは無数にあるとみられ、設計業者が強度計算を誤ったとされる。

 国交省は昨夏、有識者による技術検討会議を設置し対策を検討してきた。ハザマは部分的な造り直しやひびに樹脂を充てんして補強する案を示したが、検討会議は今月、長期的な耐久性を懸念する報告書をまとめた。

 検討会議は、自動車の重みに長期間耐えられるか、との観点で8回の会議を通じてハザマの補修案の妥当性を検討。報告書は「橋すべてを取り壊す必要はない」としながらも、「ひび割れ損傷の前例がなく、長期的な耐久性にどう影響するか分からない」と、完成後もたわみなどの監視が必要と指摘した。

 報告を受けて国交省は「十数年先の信頼性が担保できない」としてハザマの補修案の受け入れを拒否したが、協議の結果、ハザマが造り直しを提案したという。国交省宮崎河川国道事務所の伊藤高所長は「ハザマの提案を検討している」と話している。【石田宗久、種市房子、位川一郎】

【関連ニュース】
西九州道:佐世保みなと−相浦中里間が開通 「通り初め」で祝う /長崎
東九州道:広渡川2号橋 間組の補修方法、耐久性を疑問視 検討会議最終報告 /宮崎
西九州道:佐世保みなと−相浦中里の7.9キロ、20日開通 /長崎
東九州道:「広渡川2号橋」損壊 建設工法は未定 /宮崎
交通事故:九州道で5件 八幡−若宮間、2時間通行止め−−福岡

木村威夫氏死去=映画美術監督、鈴木清順作品などで活躍(時事通信)
高崎山リーダー猿、在位最長記録を更新(読売新聞)
<視聴率>「ウェルかめ」最低、関東で13.5%(毎日新聞)
亀井・菅両氏、「言った」「言わない」水掛け論(読売新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
posted by イマゼキ ヒデオ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。