2010年03月16日

六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発−東京国税局(時事通信)

 東京・六本木の不動産取引の仲介で得た所得を隠し、脱税したとして、医療機器販売会社「メディソル」(台東区)の須田真康社長(61)と、不動産関連会社「南平台プロパティ」(渋谷区)の宮坂博志社長(57)の2人が、東京国税局から所得税法違反の疑いで、東京地検に告発されたことが8日、分かった。
 関係者によると、六本木交差点近くの再開発をめぐり、須田社長は2006年、不動産売買を仲介した際、手数料として得た所得約3億8000万円を隠し、宮坂社長も仲介手数料約2億円について、別会社の所得を装い申告せず、2人で計約2億円を脱税した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税
山村紅葉さんがe-Taxで申告=京都〔地域〕
公認会計士を起訴=グッドウィル買収仲介脱税
犯人隠避で会社役員ら逮捕=逃亡の会計士かくまう-GWG買収仲介脱税・東京地検

不明朗な現金27億 「タンス預金」小沢氏に説明責任 (産経新聞)
阿久根市幹部ら苦悩、市長命令と説明責任の板挟み(読売新聞)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
<動物窃盗>ペンギン盗んだ男 カピバラ、リスザルも 長崎(毎日新聞)
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)
posted by イマゼキ ヒデオ at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。