2010年03月09日

「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺(産経新聞)

 東京都清瀬市の市立中学校2年の女子生徒(14)が先月15日、いじめをほのめかす遺書を残し、自宅マンションから飛び降り自殺していたことが3日、同市教育委員会などへの取材で分かった。市教委や学校で事実関係を調べている。

 市教委や警視庁東村山署によると、女子生徒は先月15日午前8時10分ごろ、自宅マンション前の路上で制服姿で倒れているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書の内容などから、女子生徒はマンション7階から飛び降りたとみられる。

 市教委によると、遺書は先月26日に生徒の親が発見。B5のルーズリーフ1枚を破り取ったものに「もう私は死にたい」「学校なんか行きたくない 皆が敵に見えるから」などと手書きされ、いじめを訴える内容もつづられていた。

 学校によると、女子生徒は自殺直前も変わった様子は見られなかったという。学校は今月1日、保護者会を開き、状況を説明したほか、担任や同級生らから事情を聴いているが、これまでにいじめの事実は確認されていないという。

 市教委教育部の池田和彦参事は「中学2年生が自殺するのは、よほどのことがあったと考えられる。いじめの可能性も含め慎重に調べていく」と話している。

 市教委が公開した女子生徒の遺書は次の通り。

 死にたい…

 こんな社会に生きていても 何も得しない

 もう 私は死にたい 学校なんか行きたくない 皆が敵に見えるから

 学校にいる時間 私には苦痛を感じる 2/12(金)は私の命日になることを祝ります。(原文ママ)

 (中略)

 お父さん お母さん ごめんなさい

 さようなら

【関連記事】
北海道・滝川いじめ訴訟が和解合意 道と市の「謝罪」盛り込む
群馬県立全高に“裏サイト” 県教委調査中間報告
大人の世界のいじめもコワイ フジ「泣かないと決めた日」
死ぬのをやめた体験記録 『生きテク』反響どこまで
子供の暴力76件増 意思疎通能力が低下 20年度調査 栃木

<雑記帳>広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
3閣僚の遅刻、江田議長が責任転嫁に苦言(読売新聞)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)
<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
<覚せい剤使用>光GENJI元メンバーに懲役2年求刑 (毎日新聞)
posted by イマゼキ ヒデオ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

4人死亡火災で現場検証=家族心中の可能性も−群馬県警(時事通信)

 群馬県伊勢崎市の石材業藤生一郎さん(53)方で4人が死亡した火災で、県警境署などは6日、藤生さん方の現場検証をした。焼け跡からは藤生さんと妻(53)、長男(26)とみられる3人の遺体が見つかっており、同日から司法解剖して死因を調べるとともに、身元確認を進める。
 同署によると、病院に運ばれ死亡した長女早織さん(24)と、2階から遺体で見つかった長男とみられる男性の胸には、銃で撃たれたような跡があった。1階から見つかった2遺体の近くには拳銃のような物も見つかった。
 捜査関係者によると、藤生さん方の玄関の扉は施錠され、外部から侵入した形跡は確認されておらず、同署は無理心中だった可能性もあるとみている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
2遺体、胸に銃創か=1階に拳銃様の物も-4人死亡の民家火災・群馬
石巻3人殺傷、少年2人再逮捕=殺人と殺人未遂容疑
捜査見守り判断=ネルソン処分でコミッショナー
ネルソン、3カ月出場停止=実弾所持、中日が処分

党と内閣の在り方議論=鳩山首相、小沢氏と会談(時事通信)
シュワブ陸上案は公約違反=自民総裁(時事通信)
皇太子さま、6日からアフリカご訪問「以前から親しみを持ってきました」(産経新聞)
さよなら500系…鉄道ファンら雄姿に歓声(読売新聞)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定−気象庁(時事通信)
posted by イマゼキ ヒデオ at 06:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

シンプルに栄養摂取 モンゴルの味 体を温める羊肉 ダイエットにも効果(産経新聞)

 内陸アジア東部に位置するモンゴル高原。雨が少なく農耕に適さない草原(ステップ)地帯が広がり、住民は遊牧と狩猟を営んできた。主食である家畜の肉とミルクから作った乳製品は、今もモンゴル人の食の基本だ。一見すると素朴なものばかりだが、悠久の歴史の中で培われた料理には、外食や中食(なかしょく)が氾濫(はんらん)する日本の食卓で軽んじられがちな「生きることと食べること」の知恵と工夫が詰まっている。(石坂太一)

 ◆赤い食べ物

 モンゴルの人々にかかわりが深い家畜は、ウマ、ヒツジ、ヤギ、ラクダ、ウシの5種。ウマやラクダを移動手段や荷物の運搬に利用し、ヒツジやヤギを主に食用として飼育してきた。

 家畜の肉は「赤い食べ物」と呼ばれる。中でも代表的な羊肉料理として知られる「チャナスン・マハ」は豊富なミネラルを含むモンゴルの岩塩を使い、骨ごと約2時間ゆでただけのシンプルなものだ。ナイフで肉を骨からそぎ落として口にすれば、羊肉の独特なうま味を感じられる。

 内モンゴル出身でモンゴル料理店「大蒙古」(東京都江東区)の店員、スルダさん(25)は「羊肉は体を温める作用があり、寒さが厳しいモンゴルでの食用に向いています。牛肉などと違って体温では脂肪が溶けないため体内に吸収されにくく、ダイエットにも向いています」と説明する。

 羊肉を使った料理には他に野菜の具を小麦粉の皮で包んだギョーザ「ボーズ」などがあり、羊肉はモンゴル人の最も好む食材の一つとなっている。

 家畜を料理する際には肉だけではなく、ゆで汁やレバーなどの内臓も利用する。内臓にはビタミンCが多く含まれており、野菜や果物の摂取が少ないモンゴル人にとって貴重な摂取源になっている。家畜を丸ごと調理して有効に活用すると同時に、必要な栄養素を確保している。

 ◆岩塩で味付け

 栄養分の豊富なミルクを使った料理は「白い食べ物」と呼ばれる。長期保存に耐えられるよう加工した乳製品が年間を通して食卓に並ぶ。モンゴルの乳製品は、ミルクの種類や加工の仕方によって30種類以上に分けられるという。ミルクを素材とした料理で生活に欠かせないのがミルクティー「スーテー・ツァイ」。

 「だん茶」と呼ばれるレンガ状に固めた茶をほぐして煮込み、ミルクを入れる。砂糖ではなく岩塩で味付けするのが特徴で、毎日飲むのが習慣だ。飲むとミルクの濃厚な味わいが広がり、体が温まる。家庭によって味が異なるとされ、まさに「モンゴルの家庭の味」といえる。

 スーテー・ツァイにはチーズや小麦粉で作った揚げパン「ボーブ」を入れ、一品料理にすることもある。「好きなものを入れて朝食などにします。朝が忙しい遊牧生活を送るモンゴル人の知恵です。(13世紀初頭に帝国を築いた)チンギス・ハーンの時代以前から食べられているそうです」とスルダさん。

 モンゴル料理の味付けの基本は塩のみで、調理にも無駄な手間をかけない。そこには遊牧民の生活が反映され、彼らの生活の奥深さを感じることができる。

                   ◇

 ■伝統食を展示

 江戸東京博物館(東京都墨田区)で開催中の「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」(産経新聞社など主催、4月11日まで)では、モンゴルの騎馬遊牧民族の歴史、文化を伝える食器など生活用品も数多く展示されている。

 牛乳と岩塩から作るチーズ「ホロート」を固めるための「双面四紋●豆腐(ホロート)型」(清代、木製)や、乳茶を入れていた容器などモンゴルの伝統的な食文化の一端をうかがえる。

●=女へんに乃

ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難(産経新聞)
<世界記憶遺産>日本も推薦に乗り出す 選考準備委設置へ(毎日新聞)
<編集長インタビュー>「第2次思春期」の女性に「大人可愛い」を提案 「InRed」 大平洋子さん(毎日新聞)
<婚約>「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが婚約(毎日新聞)
<詐欺容疑>国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山(毎日新聞)
posted by イマゼキ ヒデオ at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。